買って後悔しなかった

夜泣き対策に有効な音楽 前編(家庭用USENその3)

こんにちは。かもごろう(@kamogoro123)です。

子育て世帯の音楽は、家庭用USENが意外と良いですよ!というお話の3回目です。

こんな方々へ・・・
・音楽、最近聴く時間が無いなぁという方
・毎日の夜泣きに心が折れそうな方
・ちょっとストレスが貯まってるなぁという方

今回は特に、夜泣きに困っているパパやママに、ぜひ読んでほしいと思っています。
家庭用USENシリーズの全体の構成は、こんな感じ。

それでは、さっそくいってみましょう。

夜泣き対策に有効な音楽、それは家庭用USEN(前編)

うちの子の夜泣きが凄い。こっちが泣きたい。てか泣いてる。

夜泣き、大変ですか?
皆さんのお子達は、毎夜元気にギャン泣きされておられますか?
平常どおり2時間おきに目を覚ましますか?

うちもそうです!

いやー、本当に夜泣きはキツい。
「いやいや赤ちゃん、なんでそんなに泣く必要があるの?」と
問い質したいくらいです。
そんなに泣かなくてもいいじゃない!

けれど、赤ちゃんに聞いても、返事はただ泣き声ばかり。
しょうがないから、大人が何とかするしかないわけです。

根本的な夜泣き対策なんて無い

でもですね、6年にわたる子育て生活で、僕は一つ学びました。
それは、「夜泣きに対策は無い!!」という事実です。

ものの本や、子育てサイトには、「昼間たっぷり遊ばせれば、夜は疲れてスヤスヤ☆」とか
「朝はお日様の光を浴びて、夜は暗くしよう♪」
みたいなことが書いてあったりもしますが、何をやったって、泣くときは泣く!
大人の小賢しい対策を一笑に付して(いや、一泣に付して)、とにかく泣く!
だってそれが赤ちゃんの仕事だから!!

で、どうするかというと、正解は「抱っこし、揺れ続け、嵐が過ぎるのを待つ」です。
いわば対処療法。
これしかない。間違いない。

といっても、暗闇の中、子どもをあやしてユラユラしてると、
心がポッキリ折れそうになりませんか?
泣き止まないし、自分は眠いし、泣き止まないし、
腕は疲れるし、泣き止まないし、腰は痛むし、泣き止まない。
イライラと絶望が頭の中をグルグルグル・・・

子守歌は大人のためにある

そこで、他にできることもないし、子守歌ものを歌ってみたところ、
「あれ?意外に落ち着くぞ?(自分が)」と思うこと、ないでしょうか?

その瞬間、はたと閃きました。
それは、「子守歌は、大人のためにある」ということです。

子守歌、あれ、赤ちゃんのために歌っているわけじゃない。
抱っこしている大人が精神の平衡を保つために歌ってるんです!
From 大人 to 大人。
子守歌で自分がリラックス。
すると、夜泣きの赤ちゃんにも(比較的)余裕をもって対応できるというもの。
まさに子守歌のコペ転発想。
「子どもの幸せは親の幸せから」の教え通りです。

とすると、結局はいかに大人がリラックスできるかに、
勝負(?)はかかっていることになります。
その最終手段として、家庭用USENが超おすすめです。
前回のイライラにさよなら!子育てに音楽を(家庭用USENその2)でも書いたとおり、
家庭用USENはプログラム予約がとてつもなく柔軟だからです。

まとめ

夜泣きに根本的な対策はありません。
とにかく抱っこして揺らすという対処療法のみ。
でも、あやし続けていると親の方がダウンするので、
子守歌で自分を慰めているのではないでしょうか。
そこで、家庭用USENが役立ちますよ。

次の夜泣き対策に有効な音楽 後編(家庭用USENその4)の記事では、
我が家がどんな設定にしているかを書いてみます。
参考にしてみてください。