アスミール

飽き性の息子がアスミールを30日連続で飲めた理由(レポート その4)

こんにちは。かもごろう(@kamogoro123)です。

我が家のアスミール・チャレンジ、4回目の報告です。

アスミールは果たして本当に続けられるのか?
子どもは飲んでくれるのか?
飲むのを止めて無駄になってしまうのでは?

こういう疑問をお持ちのパパ・ママのために、実際に息子(6歳)に飲ませてみて、ガチでやらせなしで、その経過をブログで公開するというこの人柱的企画

今日ででとうとう、始めてから1か月目となりましたが、なんと、飽き性の息子が毎日飲んでくれています!

この第4回目のレポートでは、息子に毎日飲ませることに成功した、ちょっとした言葉がけのコツを紹介します。

アスミールは続くのか?30日目の結果は?

アスミール30日連続達成!

何はともあれ、冒頭で書いた通り、アスミールを30日毎日続いたことを報告します。
まずは証拠の写真をご覧ください。

シールが全部埋まった!

 

ちょっと暗くて見にくいのはごめんなさい。
「アスミールを飲んだら貼る」シールが、30枚、きれいにならんでいます。
始めてから1か月、一日も欠かすことなく飲み続けることに成功しました!

飽き性の息子

これにはビックリです。
というのも、息子はけっこう飽き性でして、何でもすぐ「これがいい!」と言って飛びつくんですが、これがまた継続しないんです。
買ったけどあんまり使っていないおもちゃとか、殆ど読んでない絵本とかがいくつあることか。

なので、実はここだけの話、アスミールも例外ではありませんでした。
ある朝、「もう飲みたくないー」と息子が言ったとき、僕と妻は「いよいよ飽きが来たか・・・」と顔を見合わせました。

もう終わりか・・・解約するか・・・という考えが頭をかすめました。

さて、この試練をどうやって乗り越えたんでしょうか。
その方法をお話ししましょう。

飽き性の息子がアスミールを続けられたコツ

そもそも、なんでアスミールだったっけ?

僕の性格は、はっきりいって貧乏性です。
100円稼ぐより、1円損するのが嫌だ・・・という、日本人によくある?タイプです。

なので、「アスミール定期便」で最も避けたいのは、「買ったはいいけど子どもが飲まなくて、結局無駄になる」というパターン。

僕は、この企画の最初の記事で、アスミールを始めた理由を、次のように書きました。

もちろん、息子には朝ご飯はしっかり食べてほしいですけど、時には機嫌の悪い時もあるでしょう。
そんな朝も、アスミールを飲みさえすれば、最悪ご飯を残しても、十分な栄養は摂れると思うと、僕と妻も安心できます。
そして息子に余裕をもって対応し、楽しい朝の時間を復活させたい。購入の動機は、「子どもの幸せは親の幸せから」です。

にも関わらず、根っからの貧乏性の僕は、もし息子が飲まなかったら「せっかく買ったのに、無駄になった!」と勝手に怒り、イライラを募らせていたに違いありません。

もちろん、首根っこを押させてシェイカーをぐいぐい口に押し付ける、なんてことはしませんが、貧乏性の僕がやってしまいがちなのが、言葉でプレッシャーをかけていくという、最悪の方法。

例えば「あんたのために買ったんだから、わがまま言わないで!」とか、「アスミール飲まないと、朝ご飯無いよ!」とか。

こうやって文章にしてしまうと、相当に酷いことを言ってますよね。
これじゃあ、そもそもの「楽しい朝の時間を復活させたい」という願いとは、真逆の結果になってしまいます。

子どもに無理やり飲ませない

そこで、僕は息子に、こういう風に言いました。

「アスミール、半分飲んだらシール貼っていいよ」

この簡単な声掛け、かなり効きます。

人間は基本的に、達成度が目に見えて分かると喜びます。
子どもにとっても同じこと。

シールを貼りたい!という気持ちをくすぐり、かつ、半分飲んだらいいことにして、ハードルを下げる。

この方法で、息子の「じゃあ、飲もうかな・・・」という気持ちにさせれば、もともと味には定評のあるアスミールですから、意外とあっさり飲んでくれました!

「アスミールを続けられるか不安・・・」というパパもママも、是非、参考にしてみてください。

まとめ

と、いうわけで、30日間アスミールを続けられることを我が子が証明しました。
コツは、シールを貼りたいという気持ちをくすぐることです。
こうすれば、楽しく続けることができました。

「アスミール、買うのは良いけど続けられるか不安・・・」という方も是非、参考にしてみてください。



次の記事
「アスミール定期便のちょっと困ったこと(レポート その5)」

前の記事
「アスミールは続くのか?26日目の記録(レポート その3)」

まとめ記事
アスミールの実体験レポートまとめページ