Uncategorized

子どもと散歩

こんにちは。かもごろう(@kamogoro123)です。

最近熱くなってきましたが、朝夕は涼しくていい気持ち。

先日の日曜日は、16時30分頃にふと時間が空きました。
晩御飯には早いけど、出かけるには遅い時間。
掃除やら何やら、やろうと思えばできるけど、
何となく微妙な、貴重な空白の時間。

息子もリビングで漫画読んでいます。
僕も本でも読もうかと思ったけど、
「昼ご飯たくさん食べたからまだお腹空いてないなぁ。
あ、冷蔵庫のチューハイ切らしているなぁ・・・」と。

そこで、散歩がてら買い物に行くことに。
ただ、経験上、そのうち絶対確実に息子と娘が喧嘩をおっ始めるでしょう。
それを妻に押し付けて、一人で呑気に散歩なんて出来ません。

息子を散歩に誘いました。
息子も退屈していたのか、あっさり付いてきました。

僕は雪駄。
息子は大人用のでかいスリッパをペタンペタン。
というわけで、先ずは近所のスーパーまでブラブラでかけ、息子用のスリッパを購入。
スーパーの2階にある本屋に、ほんのちょっと立ち寄り。
1階の食料品売場は混みだしてきた時間帯なのでスルー。

次はスーパーの近くのドラッグストアへ。
チューハイと、お菓子を購入。
お菓子のセレクトは息子に任せました。
「息子用、娘用、母さん用」ということで、
それぞれが喜びそうなものをチョイスしていました。
最近、「きめちゅ、きめちゅ(鬼滅)」と興味を示している娘用には、
鬼滅の刃とコラボしているプチ(禰豆子の絵)
息子は自分用に、伊之助の絵のプチにしていました。
母さん用にはカラムーチョ。

それから、またブラブラと歩いて帰途に付きました。
息子は、さっき買った自分用のサンダルに履き替えています。

途中にある中学校に野良猫が5〜6匹ばかり住み着いているのを眺めました。
猫じゃらしで、柵越しにちょっかいかけたけど、猫は反応せず。

帰宅。
時間にして40分程度でしょうか。
普段、どうしても娘の方を気にかけてしまいがち。
こうして息子と二人で連れ立って、ぶらぶら歩くのは久しぶりです。

他愛のない話をして、時々手をつないで。

多分僕は、この先もずっと、この日のことは覚えているだろうなぁ。