家事育児記録

自称イクメンの家事と育児 2018年11月第3週

こんにちは。かもごろう(@kamogoro123)です。

イクメンを自認する僕が、実際はどれくらい家事・育児をしているのか?
そんな記録をつけていきます。

この記事の目的

何故記録を残すのかの理由は、以下のページに書いています。
初めての方はご一読ください。

夫はどのくらい家事・育児をしているのか?

簡単に言うと、
(1)「僕はどのくらい家事や育児をしているのか?」という自分自身の疑問のため
(2)自称イクメンなる輩の生活をさらして皆様の参考になれば
という2点を目的にしています。

2018年11月12日(月)

洗濯物をたたむ、布団をあげる、子どもたちの朝食の世話、着替えなど。

娘を保育所に送って出勤。
先週の木・金と発熱のため保育所を休ませていたので、泣かないか心配だったが、何事もなくあっさり別れた。

最近は、保育所の門から部屋まで自分で歩くし、自分で靴を脱ぎたかがるようになった。
可愛いし、成長が見て取れてうれしい。
そのうち、靴箱に靴をしまうようになるんだろうな。

しかし、その分、時間がかかる。
朝はもうちょっと早く家を出ないと。
今日も遅刻ギリギリ(アウト)だった。

「娘を保育所に送ってから出勤」と言うのは職場でも知られているので、大目に見てもらってる感じ。
いや、それに甘えちゃいかんのだけど。

18時、息子を放課後スクールに迎えに行ってから帰宅。
昨日、おとといの土日は出勤したので、定時であがる。

僕が早く帰ったので、妻が手がかかる夕食(揚げ物)を作ってくれる。

が、妻が作ってくれている間、空腹の娘は待ちきれないので、先にできたものから僕が順次食べさせていく。
息子もハキハキと宿題をしていた感心感心。
と、思ったら娘がウンチをしたのでオムツをかえる。

そのうち、夕食が整ったので家族で食事。
久しぶりに、妻と酒を飲みながら。
最近はチューハイより日本酒が良いと思えるようになってきた。

さらに、久しぶりに息子とファミコンをする時間があった。
息子は「ダウンタウン熱血物語」がお気に入り。
その間に、妻が食器を洗ってくれる。

その後、妻が入浴→息子が入浴。
娘が風呂から呼ばれるのを待っている間、またもやウンチ。

保育所に娘を迎えに行った妻に聞くと、保育士さん曰く「今日のおやつがヨーグルトや牛乳で、みんなすごくウンチをするから、室内で遊んでいた」とのこと。
なんという威力か。

子どもらがあがってきたら体を拭いて、着替えなど。
隙を見て三角コーナーの処理。

週末、息子が「いっさいはん」の絵本を買ってもらっていて、一緒に読む。
息子はこの絵本もお気に入り。

20時過ぎから就寝準備。息子と布団を敷く。
さらに息子の歯磨きの仕上げ見上げをして、20時25分に消灯。

僕は入浴。

明日は、休日出勤の代休をもらうので、風呂掃除を翌日に行う。
なので、風呂の水を再利用する設定で、洗濯乾燥機をセット。

2018年11月13日(火)

今日は、息子の学校で学芸会みたいなイベントがあるので、土日出勤分の代休を取得して、妻と見に行く。

と、ここでまたもやトラブル発生。

息子の学校は、自分の水筒に茶を入れて持参するスタイル。
なので、今日も水筒を持たそうとしたら、何故か息子が嫌がる。

僕も妻も、まったく理由が分からない。
で、息子に聞くと、「下敷きを持って行かないから、水筒も持って行かない」

確かに、今日は学芸会で通常の授業は無いから、下敷きはいらない。
でも、それと水筒が何の関係があるのか、さっぱり分からない。

息子「だって、下敷きが無いと、漏れてくるもん」
僕&妻「?どういうこと?下敷きと水筒が何の関係があるの?」
息子「だって、いつも下敷きの横に水筒を入れてるもん。母さんがそう言ったもん」
妻「え、あれは、ノートの横だと、水筒を入れたときに、紙がグシャってなっちゃうかも知れないから、下敷きの隣に入れな、って意味だよ」
息子「違うもん」
僕「紙はペラペラしてるでしょ?でも、下敷きは固いから、横に水筒を入れてもグシャってならないでしょ?今日はノートも持って行かないんだから、グシャってならないから平気だよ」
息子「漏れてくるもん。」
僕「漏れるのと、下敷き、関係ないよ?というか、水筒からお茶が漏れたことあるの?」
息子「ない」
僕「じゃあ、いいじゃん」
息子「やだ!!!!絶対に、やだ!!!!お茶が漏れる!!!!下敷きがない!!!!!!」

(ここで、ギャン泣きし、床を蹴りまくる息子。僕も妻もうんざり&イライラ)

妻「じゃあ、ビニール袋に入れてあげる(やや怒声)」
息子「絶っっっっっっ対に嫌!!!!!!!!!」
僕「歌の前に、のどが渇くかもしれないじゃん。持っていきな」
息子「ぐぎゃーーーーーーーfだぽr38くfさdpふあsd@pfr82^qふぁ!!!」
妻「そんなに、父さんや母さんの言うこと聞きたくないんだったら、学芸会に見に行かないよ!」

何なの、コレ?なんで水筒を持たそうとしただけで、こんなに修羅場になるの?
もうやだ。

僕「とりあえずご飯食べな」

息子「fjafap0sdfuauwr@qjsd;じゃs@0f^だぢあfだfdfd02ぢあ!!」
と暴れながら、娘のズボンやタオルを振り回す。

それを見た娘(2歳)が「あーっ!」と抗議の声をあげる。

すると、あろうことか娘の顔の近くで大声を出して威嚇し始めた。
当然、泣き出す娘。

ここで、僕もマジ切れ。

僕「妹は関係ないやろ!!!ピーピー泣くんは構わんけど、嫌なことがあったからって、妹にあたるなやぁ!!!」と、我知らず絶叫。絶対お隣さんに聞こえてた。
こういう時は、どす黒い気持ちが瞬間的に全身を支配する感じで、本当に理性が吹っ飛ぶ。
直前まで「冷静に、冷静に、なるべく息子の気持ちを汲み取って・・・」って思っている自分なんか、あっという間にいなくなる。

息子も怯えるし、僕もその後どうしたらいいか分からなくなるし、本当に嫌。

そんなこんなで朝から最悪の状態だったけど、僕が怒り狂った反動で妻が冷静さを取り戻し、息子の機嫌を回復させる。

娘を保育所に預け、妻と二人で小学校へ。

そのころには僕もだいぶ落ち着くことができていたので、息子の頑張る姿を素直に見ることができた。

昼食は妻とラーメン屋へ。
子育てしてると、中々ラーメンをゆっくり食べる時間も持てないから、こういう時間は貴重。

昼食後、妻は仕事へ。
僕は家で風呂を洗ったり、片付けをしたり。

そのうち、学芸会を終えた息子が13時40分ごろに帰ってくる。
14時50分頃まで、プラレールで一緒に遊ぶ。

15時から学童に行くはずだったけど、僕が家にいるので、予定を変更して休ませることにする。
僕は16時まで2階で仕事(持ち帰り)。
その間、息子は1階でテレビを観ていた。

その後は16時30分までトランプ(大富豪)で遊び、娘の迎えのため、保育所に二人で行く。

妻、17時30分ごろ帰宅。

あとのルーティンはいつもどおり。

上がったり下がったり、忙しい休日だった。

2018年11月14日(水)

洗濯物をたたむ、布団をあげる、子どもたちの朝食の世話、着替えなど。

娘を保育所に送って出勤。

18時30分帰宅。

今日も妻と息子が険悪ムードに。

とにかく、大変だ。
生きるって大変。人を生かすって大変。

僕も早く寝る。

2018年11月15日(木)

洗濯物をたたむ、布団をあげる、子どもたちの朝食の世話、着替えなど。

娘を保育所に送って出勤。

息子を学童に迎えに行って、18時00分帰宅。

妻が作ってくれた夕食をいただき、風呂の世話、食器片づけ、三角コーナーの処理。

20時30分消灯後、入浴→風呂掃除→洗濯乾燥機をセット。

その後、2階で持ち帰りの仕事。
持ち帰りの仕事って、社会人として敗北した気持ちになるけど、仕事と家庭を両立させようと思うと、今のところ、これしか解放が思いつかない。

2018年11月16日(金)

洗濯物をたたむ、布団をあげる、子どもたちの朝食の世話、着替えなど。

娘を保育所に送って出勤。

妻が作ってくれた夕食をいただき、風呂の世話、食器片づけ、三角コーナーの処理。
金曜日なので、少し酒を飲む。

20時30分消灯後、食器を片付け、入浴→風呂掃除→洗濯乾燥機をセット。

今夜も少し仕事だ。

2018年11月17日(土)

休日なので、少し寝坊。
布団をあげる、子どもたちの朝食の世話、着替えなど。

昨夜、洗濯乾燥機をセットしたつもりが、間違えて乾燥しない設定で動かしていた様子。
ミスった・・・

9時ごろ、息子の習い事のため、一家で出かける。

習い事を終え、息子と一緒に昼ご飯のため回転ずしに。
妻と娘はラーメン屋に。
食後、合流して西松屋で冬のパジャマを買う。

その後、僕は娘と帰宅。
妻と息子は次の習い事へ。

娘は帰る途中から寝ていたのだけど、すぐに起きてしまった。

天気が良かったので娘を連れて家の前で遊んでいると、お迎えのお兄ちゃんがシャボン玉で遊び始めて、娘は大興奮。

シャボン玉が消えると、「あわあわ、ばいばい」と手を振っていた。

16時頃家に入り、娘と風呂に入っていたら、妻と息子が帰ってきた。

妻が作ってくれた夕食をいただき、風呂の世話、食器片づけ、三角コーナーの処理。

2018年11月18日(日)

休日なので、少し寝坊。昨日も同じだったな。

午前中、家族で出かける。

15時前、妻が息子を散髪に連れていく。
娘が程なくして起きてきたので、風呂に入る。
その間に、妻と息子が帰ってきた。昨日と同じ。

夜、息子の保育所時代の友達の家に遊びに行く。

 

前の週へ
次の週へ