家事育児記録

スマートリモコンBam Bamを導入

こんにちは。かもごろう(@kamogoro123)です。

スマートリモコンのBam Bamを購入してみました。

テレビやらエアコンやらのリモコンが行方不明になりがちな我が家。
「テレビを点けたいのにリモコンが無い!」と、
微妙にイラっときてしまうことも日常茶飯事。
捜索の結果、なぜかリビングのソファの下から発見されることもあります。

せっかくGoogle Home miniを導入していることもあり、
「OK グーグル、テレビ点けて!」で操作したいなぁと前々から思っていました。

というわけで色々調べて、安価ながらそこそこ評判が良い、Bam Bamをポチっと購入。

セットアップはそこそこ簡単にできて、とりあえずテレビを設定。
・・・したんですが、なんかおかしい。

Bam Bamの設定のメモ

テレビ

んー、スマホのアプリからはちゃんと制御できます。
電源on/offはもちろん、チャンネルの切り替えも出来ます。

ただ、Google Homeの音声操作がうまく行かない。
電源のon/offは「OKグーグル、テレビ点けて/消して」でいけます。
あと、音量変更も可能。ただし、「音量上げて(下げて)」くらいしか受け付けないので、
「ちょっとだけ音量を上げたいなぁ」と思っても、細かな調整は難しそう。

チャンネル変更もだいぶ困りました。
とりあえず「チャンネルを1番にして」とか「1チャンネルを点けて」は駄目。

しばらく試行錯誤してたんですが、そのうちピンと閃きました。

「音量は上げて(下げて)」で音声操作できる、ということは・・・
試しに「チャンネルを上げて(下げて)」と言ってみると、なんとか操作可能に。

「NHKを点けて」とか、「チャンネルを1にして」で
言うことを聞いてくれることを期待してたんですが、
まあ、とりあえずはこれで良いか。

テレビも結構古いやつだし、Bam Bamのせいじゃないのかも知れない。

エアコン

エアコンもとりあえず反応しました。
でも、「OKグーグル、エアコンを付けて」と言うと
Googleさんは「はい、リビングのエアコンをオンにします」って返事するけど、
当のエアコンさんはシカトしているというクールな対応。
反対に「OKグーグル、エアコンを消して」だと、
ちゃんとエアコンを消してくれる。
何なんだ、この違いは・・・
よくわからんぞ、この子は。

エアコンを消してくれるだけでも良しとする。

照明

リビングの照明は、シンプルな操作だからか、Googleさんも言うことを聞いてくれる。
「ライトをオンにして(オフにして)」で、ちゃんと明かりを点けたり消したりしてくれる。

音声操作で細かい調整は無理だけど、これも安い照明だからかなぁ。
明るさを無段階調整できるような、高いLEDライトだと、
on/off以外にも色々操作できるのかな。

全体的な感想

てなわけで、微妙に肩透かし食いつつ、でもまあ、
けっこう楽しいなぁという感じです。

2,000円もしない割に、ちゃんと動く。
音声コマンドも、こちらからの話しかけ方を工夫すれば、
ちょっとコントロールできるかも知れないです。