買って後悔しなかった

Korbellはおむつの臭いを大幅カットできてオススメ

こんにちは。かもごろう(@kamogoro123)です。

今回は、日本育児のKorbellというおむつポッドを紹介します。

暖かくなってくると、幼児の子育て世代の家に充満するのは、そう、ウンチの臭い・・・
日本育児のKorbellは、その臭いからオサラバすることができます。

こんな悩みを持つ方々へ・・・
・おむつからの異臭に困っている!
・いいおむつポッドは無いかな?

Korbellをオススメするわけ

Korbellの商品としてのポイントは次の3つ

1.蓋が二重の構造。
2.中のロールに消臭効果がある。
3.おむつを捨てる際に臭いが漏れにくい。

この構造がポイントです。

おむつの臭いが(ほぼ)しない

あのですね、おむつを替えるパパなら賛同してくれると思うんですけど、我が子のウンチ、生後1年くらいまでのミルクしか飲んでいなかった頃は、本当にヨーグルトの匂いって感じで、それすら愛おしい香りでした。

でも、離乳食を始めるようになると、それはもう、立派なウンチの臭い。
我が子のものとはいえ、ちょっとキツい。
なんていうのかな、「匂い」じゃなくて「臭い」。
このニュアンス、分かっていただけるでしょうか。
まあ、味付けが違うとはいえ、基本的に大人と一緒のものを食べてますからね。
そりゃあ大人と一緒のモノが出ますよ。当然といえば当然です。

というわけで、トイレトレーニングが完了するまでは、使用後のおむつは、部屋に置いてあるおむつポッドに捨てることになる訳ですが、ここで問題は、何が良いか?ってこと。

いいかげんな商品だと、部屋に臭いが充満してしまいます(経験あり)。
そりゃあ、半径2メートル以内にブツがあるんですもの。
ちゃんと対策を取らないと、臭いがして当然です。

そこで、僕がオススメするのは、日本育児のKorbellというおむつポッドです。
匂いを大幅にカットしてくれますよ。

写真でKorbellの使い方をレビューします

外観はこんな感じ。
Korbell外観

蓋は二重になっています。ポイント1ですね。
外蓋についている黄緑色の物体は後で触れます。
二重蓋

中を開けると、緑色のロールにおむつが入っています。
このロール自体に、うっすらとベビーパウダーの香りがついていて、嫌な臭いを抑えます。
ポイント2ですね。
中の様子

扉の内側にはカッターが付いています。
刃は外に出ていないので、ケガの心配はありません。
カッターの様子

で、このカッターにロールを引っかけて、切ります。
ひっかけて

切ったら、端を結びます。
キャンディーみたい。
両端を結んでいるので、匂いが漏れません。
ポイント3ですね。
むすぶ

中のロールは下が開いてしまっているので・・・

結んで、閉じます。これで完了。

画像込みで手順を全部説明したので、一見すると手間がかかっているように思えますが、実際の使い方はとても簡単です。
慣れたら10秒でごみ捨て完了です。

ちなみに最初の写真には、黄緑色した豆みたいな謎の物体は何かというと、スーパーで買って取り付けた消臭剤です。
Korbellだけでも臭いは殆ど気になりませんが、我が家は念には念を入れています。

以上、イチオシのおむつポッドの紹介でした!!

 

↓ロールが切れたら通販で買えるので安心です。